演劇集団「PeaVeFactory」のホームページです。
PeaVe Factory On Web
 TOP > 過去の公演情報:2012/6 「泣いたらあかん One More Time」大阪公演
What's PeaVe Factory?
演劇ユニット「貴楽屋」(たからや)
最新公演情報
チケット予約フォーム
 
 
貴楽屋座長 岩本貴子の「泣いたらあかんブログ」更新中!
 
YouTube「貴楽屋チャンネル」はこちらから
 


チラシ(PDF)はこちらから
 
出演

岩本 貴子 竹村 とよ志 小林 一喜

未央 一
浦川 ともみ
福田 善晴
岡田 和幸
河西 秀樹(日芸プロ・TEAMKasai)
西山 達也(ビッグワンウェスト)
西田 啓子
茂木 健一(Door)
磨呂
時見 半次
西岡 恵
松下 誠寿

D-unit(Door)

谷川 恵津子(なにわ三国志)
小暮 淳(劇団土竜)
高森 真央(なにわ三国志)
芹川 恵美(なにわ三国志)
別所 秋彦(なにわ三国志)
佐伯 哲平(なにわ三国志)

中村 信行(なにわ三国志)

 

「泣いたらあかん One More Time」

時は、昭和45年(1970年)。舞台は、大阪の下町にある、「日の出通り商店街」

その通りは、通称、日の出通りと呼ばれ、商店街の東端から朝陽が昇り、
西端に夕陽が沈んで行くのである。
高度経済成長の中、この小さな商店街も発展を続けている。
メインの舞台はその商店街の北側中央にある「満腹食堂」。
そして、この食堂を切り盛りするのが、主人公の岩倉貴子とその夫、裕一郎である。
もともと、この「満腹食堂」は、貴子の両親が始めたものであるが、
父、勲は戦死し、母、秀子が、貴子を育てながら、女手ひとつで、守ってきた。
しかし、その母、秀子も病に伏し、13年前にこの世を去り、
貴子が、親の遺志を継ぎ頑張ってきたのである。
そんな貴子が、老舗料亭「松葉」の板前、裕一郎と結婚したのが、10年前。
料亭仕込の裕一郎の料理は、この「満腹食堂」を、よりいっそう盛り上げ、
貴子は商店街の名物女将となっていった。
まるで一つの大きな家族のように育ってきた、商店街の仲間と、
仲良くケンカしながら、皆のお姉ちゃん役として、毎日張り切る貴子。

そんな貴子にも、悩みがあった。

貴子の目の前に現れたのは・・・・

可笑しくもひたすらに生きる人たち。儚くも尊い命を燃やして生きる大切な人。

そんな大切な人に、今回も、個性豊かで、豪華なキャストと共に、

このお芝居をお届けします。